TOP > スポンサー広告 > 迫り来る四文字熟語
TOP > ヴィーヴォ(Vivo) // 里親決定 > 迫り来る四文字熟語

--.--.--(--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.12(木) 09:16

迫り来る四文字熟語

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット
火曜日。
この日は狂犬病ワクチンを接種する予定でしたが、
朝方バリ内でドロUNPを脱糞されたヴィー坊ちゃん・・・
ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!悪夢あげいん。

流したり洗ったり干したり、ひとりでくるくるドタバタしつつ病院へ。

ご存知の通り、下痢のときに接種してもワクチンの効果は期待できません。
それでも予約は予約だし、ご相談したいこともあって病院へれっつらごー。
先生も「ま、急ぐことでもないでしょう( ^ω^ )ニコニコ」と仰りワクチンは案の定、順延となりました。
しかしそこは転んでもただでは起きない仮母、せっかくなのでそのまま健康診断を受けさせることに。
vivo1
待合室では最初コーフン気味でしたが、ほどなくフセてよゐこにできました。

vivo2
帰るときも、スタッフのお姉さんたちに「とってもイイコちゃんでしたよ♪」と褒めらました

前と同じく血検結果はピッカピカの健康優良児です。
レントゲンの所見も、臓器そのものに腫れや肥大などなくこれまたピッカピカ。

た・だ・し

内臓を吊り下げている筋膜に脂肪がつきすぎて、大腸に迫っています、と。
(といって、何か病気を誘発するかといえば、そんなことはないそうです)
でもこのままだといずれ背骨にも悪影響がでるでしょうから痩せさせてください、と。
X-ray1


更に、股関節。
はまってはいるんですが、骨頭の形がしっかりくびれていないということでした。
治療が必要なレベルではないし、もちろん本犬に痛みはありません。
vivoの歩様が個性的というかなんと言うか、ちょっと気になってレントゲンをお願いしたんですね。
先生いわく、重すぎる体重を支えるのにヴィーヴォが一番楽な歩き方をした結果
こういう足運びになったのではないか、ということでした。
このまま激しい運動は避けながら、食餌で減量していって、
これ以上足や内臓・関節に負担がかからないようにしていきましょうネ。と
優しい口調で厳しい指摘を受けましてございます。

X-ray2
ちなみに肘(前肢)関節はバッチリはまっていましたのでご安心くださいまし。

おっと、それからもう一点。
歯周病予備軍です。一度歯石を取ってしまうことも検討してみては?とのこと。
コレは仮母も常々気になっていた部分だったので、アイタタタ~(;´∀`)でした。
とりあえず歯磨き開始ダナ!などと考えつつ、一通りの説明終了です。

そして渡された結果シートの各項目には、もれなく書き添えられた「脂肪過多」の四文字熟語が・・・。
減量が最優先事項であることはビジュアル的にわかっていましたが、
獣医学の面から今一度痛感させられた一日でしたよ。



( ゚д゚)ハッ!! 何か忘れてると思ったら、体重測定結果をまだお知らせしてませんネ。
先にお知らせしたいことがいっぱいあって最後になっちゃいました ずびばでん。

結論から言いますと

 痩せてました!! 



・・・・・400gほど   v( ̄Д ̄)v イエイ





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。