TOP > スポンサー広告 > エリーの旅立ち
TOP > エリー//里親決定 > エリーの旅立ち

--.--.--(--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.28(木) 00:00

エリーの旅立ち

テーマ:一時預かりチュッ - ジャンル:ペット
エリー
約5か月前の12月1日、寒風吹きすさぶこの空港に降り立ち、我が家へ。
季節は巡り、春爛漫、この日は初夏をおもわせる爽やかな日でした。そしてよきご縁の報告を受けました。


吉報から二週間あまり、23日雨の土曜日に、
里親候補さまはご家族全員でお見合い・お迎えにきてくださいました。

500キロの距離をものともせず!


里親候補さまご一家に会うなり、エリーは大興奮

自分を迎えてくれる家族ということがわかるのでしょうね。

あんなに興奮したエリーを見るのは初めてでした。

お迎えの車にも躊躇なく乗り、見送る仮ハハとスタッフを安心させてくれました。

大丈夫だと。

パズルの欠けたピースがすっぽりはまったかのように、エリーにぴったりな素敵なご家族のもとへ、エリーはトライアルに旅立ちました。


499.jpg
502.jpg


DVC00088.jpg


DVC00085.jpg

エリー、いっぱい歩いたねぇ。
あの公園に、あの河川敷、この町の隅々まで知ってるね。

大変なこともあったけど、それでもそれ以上に楽しい日々をありがとう。
仮ハハは楽しかったよ




一時預かりのオススメ

わたしは、保護犬の預かりがエリーで三頭目です。
保護犬とお散歩していると、「一緒に暮らして情が移らない?手放し難くないの?」とよく言われます。
当然、情は移ります、別れがたいです。
トライアルへ送った後はやはり軽くペットロスです。
我が家は、うちのワンがいないので、本当に火が消えたようになります。
送り出した次の日は、グズグズしながら保護犬の使ったものを洗ったり、片づけたり。
死別じゃないのだ、本当のおうちで幸せに暮らしているのだと自分に言い聞かせ、友達のわんこをいじり倒してさみしさを紛らわせます。・・・そして時間を気にせず外出するのに慣れたころ、次のわんこが!
昨年夏からこんなわんこライフを送っております。

保護わんこ、正直大変なこともあります。
でも、どの仔も人間に裏切られたのに、ひたすら人間を信じて慕ってくれます。
その思いに少しでも応えてあげられたら・・・と思います。
預かりわんこは楽しい楽しい思い出をいっぱい置き土産に、幸せになってくれます。
それが、仮ハハにとって、なによりの喜び・プレゼントです。

別れはつらいものですが、保護わんこを送り出す別れはとびきり最上のうれしいお別れです。

みなさんも一度体験してみませんか?


002.jpg
「朝からお掃除してるし、わたしのおやつやごはん一まとめにしてるし、なんかヘン?」 と思っていたのか、23日お迎え前のエリーちゃん!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。